めまい・立ちくらみ

更年期に増えるめまいと立ちくらみ

今までめまいや立ちくらみを経験したことが無かった人でも更年期に入った途端頻発するようになることがあります。これは更年期に女性ホルモンが減少しその影響で自律神経が乱れる事によって血圧が不安定になるため起こる症状です。

 

めまいには「浮動性めまい」と「回転性めまい」の2種類があります。浮動性めまいは体がふわふわと浮くような、あるいは船にゆられているような感覚のめまいです。回転性めまいは視界がぐるぐると回転するように感じるめまいです。どちらのめまいも短時間で治まる事が多いですがめまいと同時に耳鳴りが起こる事もあります。

 

めまい・立ちくらみへの対処と対策

安静にする

めまいや立ちくらみは突然起こることが多く、立ちくらみは立ち上がった時に起こるものなのでそのまま座って安静に出来ますが、歩行中にめまいに襲われた場合は注意が必要です。めまいによる不安定な状態で歩行を続けると転倒をして怪我する可能性があります。まずは立ち止まりしゃがんだり座ったりしてめまいが治まるのをじっと待ちましょう。可能であれば横になると大分楽になります。

 

生活習慣の見直し

不規則な生活リズムや栄養の偏った食事を続けていると自律神経が乱れやすくなったり血圧が不安定になりやすくなります。薬に頼る前にまずは自分の生活習慣を見直して改善できるところがないかチェックしましょう。睡眠不足やストレスもめまいや立ちくらみの原因になるので自分なりのストレス解消法を行い、夜はしっかりと眠る事も大切です。

 

更年期サプリを利用する

更年期サプリは更年期障害の症状を緩和・改善するために作られたサプリメントです。エクオールやデセン酸(ローヤルゼリー)を含んだものは女性ホルモンに似た働きをしてくれるため更年期症状の改善に役立ちます。後述するHRTのように病院に行く必要が無く自宅で手軽に出来るため忙しい方にもオススメできます。

 

HRT(ホルモン補充療法)を受ける

更年期障害の対策として病院でHRTを受ける方法があります。更年期障害は閉経に伴う女性ホルモンの急激な減少によって引き起こされるものなので、足りなくなった女性ホルモンを補うことで更年期症状を緩和・改善していきます。健康保険が適用されるので費用はそれほどかかりませんが、医師の診療が必要であったり通院の手間や低確率で乳がんになる可能性などを考えるとどうしても辛くて耐えられない時の「奥の手」として利用した方が良さそうです。